検索エンジン

Keysearch Beta(キーサーチベータ)の使い方と文字化けの対処法

Keysearch beta

ブログ集客コンサルタントの倉田俊相です。

今回のテーマは「Keysearch Beta(キーサーチベータ)の使い方と文字化けの対処法」です。

正直、機能として万能!というわけではないのですが、無料ですし使い方によってはとても有用なサイトなのでぜひ活用してくださいね。

では早速いきましょう。

Keysearch Beta(キーサーチベータ)とは?何ができる?

キーサーチベータのトップ画面

まず、そもそも「Keysearch Beta(キーサーチベータ)」とは一体なんぞや?という話なんですが、簡単に言うと1クリックで打ち込んだワードのセカンドキーワードをマインドマップで抽出してくれる無料サイトです。

キーサーチベータのサイトはこちら。

 

Keysearch Betaがマインドマップを出力

はい。こんな具合に。

第2層までしか表示されないのですが、記事タイトルを作る際の検索需要の参考にしたり、ワードプレスをされている方は小見出し作りの参考になります。

ちなみにこちらはご存知の方もいると思いますが、「関連キーワード取得ツール」はGoogleのサジェストキーワードをあ~、a~順に一覧で洗い出してくれます。

関連キーワード取得ツールのキーワード一覧関連キーワード取得ツールは2つの単語で検索をかければ、サジェストワードが存在しさえすれば3つ目のワードも表示できます。

ついでに右には、Q&AサイトでおなじみYahoo!知恵袋と教えてgoo!の表示もしてくれているのでそのワードを含む質問が見られて実際に世間の人がどんな悩みを抱えているのか深堀することができます。

ブログを書く際、核となるテーマを決めると思いますが、記事のタイトルを決めたり書かれる内容を整理する際にぜひ使ってみて下さいね。

Keysearch Beta(キーサーチベータ)の使い方

さて、「Keysearch Betaの使い方」ということでわざわざ一つ小見出しを作ってしまいましたが、前項でほぼ説明しましたし、キーワードを打ち込んでクリックするだけなので使い方も何も視覚的にわかると思うので次にいきますね(笑)

CSVファイルの保存で文字化けした際の対処法

CSVファイル保存

出力したキーワード一覧は、CSVボタンを押すと保存できるのですが、文字コードがUTF-8になっていないと文字化けします。

その際は以下の画像のようにダウンロードしたCSVファイルを右クリックしてメモ帳で開いてください。

メモ帳で保存

当然メモ帳でも文字化けしたままですが、そのファイルを名前を付けて保存します。

その際、以下の画像のように文字コードの箇所からUTF-8を選んで保存してください。

文字コードを変更

そうすると無事文字化けが解消されたと思います。

文字化け解消

保存される方のみ参考にしてください。

ブログ記事のコンテンツというのは、読者に有益なものでないとただの独りよがりになってしまいます。

辛口でいうと読者にとって無価値な記事は、書いていないのと一緒です(爆)

その理由についてはアメブロの方で熱く語っていますのでよかったらご覧ください。

*ビジネスブログの場合のお話です。

集客できるブログにするには、ニーズをきちんとリサーチしてから書いてくださいね!

倉田のまとめ

この記事のまとめ

今回は、ブログ記事を書く際のタイトル決めや本文の内容構成を考える際に便利なKeysearch Beta(キーサーチベータの)の簡単な使い方と文字化けした際の対処法について紹介させていただきました。

というわけで、本日のテーマは、「Keysearch Beta(キーサーチベータ)の使い方と文字化けの対処法」でした!

コンサル実績の一部

無料でブログ診断をさせていただきます。集客やブログのマネタイズでお悩みの方はお気軽にご相談いただければ改善点を無料でアドバイスさせていただきます。

メディア関係者の方はこちらからお問い合わせください。

倉田に直接メールで無料相談する

倉田俊相のプライベートコンサルの詳細はこちら。

もし少しでも参考になったらシェアボタンを押して周りの人にも教えていただけると嬉しいです♪

アメブロ集客ツール「アメDX2」体験版無料配布中!

倉田俊相プロデュース!属性のあった見込み客を1クリック抽出!自動いいねをはじめとしたアメブロ集客の決定版ツール「アメDX2」体験版を無料配布中です。

こちらの動画でアメDX2の効果的な使い方をご覧いただけます。

 

無料ダウンロードは
こちら